空想科学的紙工作

自作のペーパークラフト型紙を公開しています。 This site exhibits the handmade papermodel Pattern. Sorry,Japanese only.

ウルトラホーク1号 型紙の製作過程

第9作・ウルトラホーク1号

第9作のウルトラホーク1号です。
完成順では「第9作」ですが、じつはサイト開設当時から着手しているので、2作目かも。

まずは平面図を起こします。


一番最初は参考にした図があったのですが、どなたのサイトから入手したものだったか、今となっては忘却....感謝m(_ _)m
その他細かいところは、マグマライザーと同じ本を参考にしています。

次に、下面と側面図を起こします。


これをα・β・γの3機に分割します。


γ号は、翼部分と胴体部分に分け、翼は反転コピーして厚みをつけます。


β号も同様。一次試作はこんな感じで。


α号は六角の筒にします。工作のしやすさと強度を考慮して、実際より1.5倍ほど太くしています。

α号はほぼこれで完成。最終形までほとんどいじり無しです。

この辺で、なんとなく「出来そうだ」と思ったワケですが、そんなに甘くはなく....
β号、γ号とも、翼にねじれが出たりして、なかなかうまくいきません。
各号の形にこだわって直すと、こんどは合体したときにうまく合いません。

試作ばかりが増えます。
また、胴体に左右から翼を貼り付ける方法では、うまく一体化出来ず。

結局、翼と胴体を一体化して、上面と下面に分ける方法で落ち着きました。

試作の何バージョン目かの立体化です。

まだ合体させると、翼のズレが大きく。。。ここまでで既に着手から1年くらい経ってます。

形の修正と共に、形状の単純化も図ります。


たとえば、上の写真の赤線部分を下の写真のようにすることで、翼のよじれを修正しながら、折線を単純化し作りやすくします。


その後も修正・試作を繰り返し、なんとか最終へ。

 

(geocitiesより転載 2017.08)