空想科学的紙工作

自作のペーパークラフト型紙を公開しています。 This site exhibits the handmade papermodel Pattern. Sorry,Japanese only.

ウルトラホーク3号の作り方

ウルトラホーク3号の組み立て説明です。


型紙(3枚)をカラー印刷します。A4横サイズに合わせて印刷してください。
写真の完成品は「EPSON フォトマット紙」をつかっています。
接着剤は木工用ボンドを使っています。


まずは胴体を作ります。胴体①に胴体①-2が入る穴を切り取ります。


胴体①-2を組み立てます。


胴体①に胴体①-2を取り付けます。


穴に裏側から貼り付けます。


胴体下部に三角のでっぱりが付きました。


胴体前部の部品を付けます。胴体①-3の右・左を組み立てます。


胴体①に胴体①-3を左右取り付けます。


コックピット部を作ります。コックピット②と③はつないで二階建てにします。


胴体②を組み立てます。


上部ののりしろを貼り付け、胴体②を作ります。


胴体②の前方切れ込みに、コックピット①を差し込んで固定します。


コックピット②③を、胴体②の上部に貼り付けます。


胴体②の後方には胴体②-2(黒い部分)を取り付けます。


コックピット③には、垂直尾翼を取り付ける切れ込みが付きます。


エンジン部分(胴体③)を作ります。
胴体③には、あらかじめ垂直尾翼を取り付ける切れ込みをつけておきます。


ノズル②、ノズル③を輪にして、組み合わせます。


のりしろの圧着には、先の平らなラジオペンチ(リードペンチ)が便利です。


こんな感じで、圧着。


ノズルの内側のふちを黒く塗っておきます。


胴体③の筒を作ります。ここも、ラジオペンチが活躍。


筒型にした胴体③に、ノズル②③を通して、のりしろで内側に貼り付けます。
胴体③の前後に注意。尾翼の切れ込みに近いほうが後ろ(ノズル側)です


ノズル②に、ノズル①を取り付けます。写真のように、内側に落とし込む形で貼り付けます。

ノズル①が大きくて入らない場合は、現物合わせで一回り小さくしてくださいm(_ _)m

胴体③に垂直尾翼を取り付けます。
垂直尾翼は、二つ折りにして左右貼り合わせておきます。
上下ののりしろ(赤丸)部分は貼り合わせず、折り返しておきます。


胴体③の切り込みに、垂直尾翼を取り付けます。のりしろ(矢印側)を筒の内側に接着します。


垂直尾翼をつけた胴体③を、胴体①、②と組み合わせます。


胴体③と胴体②の裏側(矢印部分)を接着します。


水平尾翼を作ります。写真は裏側ですが、赤い線のように両サイドを折り返し貼り付けます。


垂直尾翼のてっぺんののりしろを、水平尾翼で挟み込んで貼り合わせます。


直線側(折り返し側)が前です。


機体先端部(ノーズコーン)を貼り合わせて円錐形にします。でっぱりがあるほうが上になります。


ノーズコーンを機体の先端に取り付けます。


主翼を作ります。表側は左右1枚づつ、裏側は一体1枚です。


胴体②ののりしろに合わせて、表、裏の主翼を取り付けます。


主翼の裏表のふち部分は、前のほうから順次のりしろを貼り合わせていきます。


主翼の厚みがあるので、つぶさぬように貼っていきます。


最後に、主翼の後端部分を貼り合わせて、主翼完成です。


ミサイルランチャを作ります。1本づつ切り離す前に、紙に曲げぐせをつけておきます。


丸い棒などに巻きつけて曲げぐせをつけます。


1本づつ切り離したら、さらに細い棒に巻きつけて形を作ります。料理用の竹串に巻いてみました。
合計10本作ります。


片側(白くないほう)の端を斜めに切り落とします。フリーハンドで適当に。


写真のように、2本×2組、3本×2組、貼り合わせます。


機体に取り付けます。正面右側は3本×2。


正面左側は2本×2です。


左右、こんな感じ。


でも、どうして右と左で数が違うんでしょ?謎です。
撮影用のプロップの写真でも、確認。


飾り台を作ります。

主翼が丸くて、すわりが悪いので、、、


以上で完成です。
正面はこんな感じ。ちょっと細身かな


後ろ側はこんな感じです。


こんな感じで(^^)v。

 

 

(geocitiesより転載 2017.08)