空想科学的紙工作

自作のペーパークラフト型紙を公開しています。 This site exhibits the handmade papermodel Pattern. Sorry,Japanese only.

ウルトラホーク1号の作り方

ウルトラホーク1号の組み立て説明です。


型紙(3枚)をカラー印刷します。A4横サイズに合わせて印刷してください。
写真の完成品は「EPSON フォトマット紙」をつかっています。
接着剤は木工用ボンドを使っています。


まずはα号を作ります。


垂直尾翼は、型紙2ページ目の補強材を挟んで接着します。


水平尾翼は、型紙1ページ目の補強材を挟んで接着します。
垂直尾翼の糊しろを挟み込んで接着します。


α号胴体上面に切れ込みを入れて、垂直尾翼を接着します。


尾翼を胴体につけます。
胴体に6角形の補強材をつけます(3箇所)。

α号機体の上部・下部を貼り合せて筒状にします。

機体先端部(ノーズコーン)を貼り合わせて円錐形にします。


ノーズコーンを機体の先端に取り付けます。

コックピットは糊しろを貼り合せ写真のような形にします。

機体にコックピットを貼り付けます。内側に接着剤を付けて、乗せるようにして接着します。



つづいてβ号を作ります。


垂直尾翼を貼り合せます。機体上面に切れ込みを入れて、取り付けます。


垂直尾翼の糊しろを折り返し、尾翼を固定します。

機首のコックピット部の糊しろを張り合わせます。

機体上面の裏側から、補強材を貼り付けます。
機体の折線と補強材を合わせて、貼り合せて下さい。

機体後部(青丸部分)を折り込んで貼り付けます。

こんな感じになります。

機体の上部と下部を貼り合わせます。まず赤線部分を合わせて位置決めをして、貼り付けてください。

細かい三角形部分を貼り込んでβ号出来上がり。

作例では、機体のマーキング「UH-001-02」を忘れました(^^ゞ。


次にγ号です。


機体上部、下部を切り出し、各部を折り曲げます。
下部の後ろ側には、α号の垂直尾翼が通る溝を切り込みます。

機体上部の垂直尾翼を貼り合せておきます。

機体後部から貼り合わせていきます。
上の写真の赤線部分をまず最初に貼り合せ、下・後部の糊しろを貼り合せて形を作ります。


ちょっと複雑ですが。
機体上部の黒い部分を上から貼り付けます。
このあと内部に補強材をつけるので、この時点ではまだ赤線部分は接着しません。

α号にのっけてみました。仕上がりがチョット汚かったですね(^ ^);

この状態で、機体内側に補強材を貼り付けます。
下部の切れ込みの手前に、補強材Bを貼り付けます。

先端から1cm位の場所(写真赤線のあたり)に補強材Aを貼り付けます。

先端部にコックピットを貼り付けます。

外周と羽を貼り合せて、γ号完成です。

最後に、飾り台を作ります。

赤線部分で、内側へ折り曲げて、倒れないようにしてください。


以上で完成です。


合体&分離はお約束。


こんな感じで(^^)v。




追記:2006.09 デカサイズのラージ版をアップしました。
従来版は紙3枚、全長25cm位ですが、ラージ版はA4用紙5枚で全長40cmほどとなります。


A4->A3の拡大が可能ならサイズを拡大して作るのは簡単ですが、ご家庭にはA3プリンタは無いですよね。そこで、部品ごとに1ページを2ページに個別に分割拡大しました。

 

(geocitiesより転載 2017.08)