空想科学的紙工作

自作のペーパークラフト型紙を公開しています。 This site exhibits the handmade papermodel Pattern. Sorry,Japanese only.

ガンタンクの作り方

ガンタンクの組み立て説明です。


型紙(3枚)をカラー印刷します。A4横サイズに合わせて印刷してください。
写真の完成品は、「EPSON MCマット紙」をつかっています。
接着剤は木工用ボンドを使っています。



台車部分を切り出します。



サイドの部品を作ります。

ホイールに干渉したので、写真の赤線部分は試作後修正してあります(^^;

形がちょっと複雑ですが、型紙の番号をあわせてください。


台車部分の側面の点線にあわせて貼ってください。



後ろ側はこんな感じ。



頭部を組み立てます。



耳のアンテナは、裏表貼り合わせて、こんな感じで取り付けます。



首のパーツを取り付けます。



肩の関節を作ります。1面のみ貼り付けずに開けておきます。

これも試作後修正したので、面の組み合わせが写真とちょっと違います。

胴体へ取り付けるため、ギザギザののりしろは外側へ折っておきます。黄色のワッシャと組み合わせて関節が動くようにします。



胴体上半身は、型紙の点線どおりに折って肩のキャノン砲の台座周りを作ります。

これも修正したので、赤線部はありません

赤線部分を貼り合わせ、キャノン砲の台座周りを作ります。



肩関節を胴体上半身に取り付けます。
黄色いワッシャをはさんで、こんな感じで貼り付けます。



関節の取り付けが不十分な場合は、型紙余白の切れ端を適当に丸めて、軸にしてください。



軸は切り開いて、抜け止めにします。
赤矢印部分は内側に折り込んで貼り付け、黄矢印部分は内側に折り込むだけです。



エアインテークはこんな感じで三角に組み立てます。



エアインテークを上半身にはめ込みます。



左右胸部分はこんな感じです。



胸中央部分はこんな感じ。



上半身を組み合わせます。

だいぶらしくなってきました。

ウェスト部分を作ります。青い部品と赤い部品の2段重ねです。赤い部品は写真のように筒状に貼り合わせます。



青部品に赤部品の筒を挿し込んで貼り付けます。



赤部品の糊しろは内側にこんな感じで貼ります。



ウェストと上半身を組み合わせます。腰の部品、腰前・腰後の部品も貼り付けます。
写真にはありませんが、腰の両サイドに箱型の出っ張りBOXが付きます。



キャノン砲を組み立てます。適当な棒に巻きつけて砲身を作ります。
根元部分を別に作って、砲身を差し込みます。
赤矢印の部分が筒と合うように、円錐の部分を合わせて貼ってください。円錐を糊しろにあわせて作ると、直径が少し大きいです。
そーすると、青矢印の穴のサイズが小さくなって砲身が入りません(^^;ので、銃身がぴったり入るようにグリグリ広げて差し込んでください。



砲身の台座はこんな感じで左右貼り付けて、コの字の部品を作ります。



キャノン砲を台座ではさんで、肩に取り付けます。今回は固定にしてしまいました。

軸を通して、可動にするのも良いかも

背中の排気管を作ります。ドラム缶状の筒です。



背中の穴に、斜めに差し込んで取り付けます。



角度はこんな感じ。



腕を作ります。ポップミサイルの銃身を差し込む穴を4つ開けます。
円錐は、糊しろにあわせて貼ると少し直径が大きいので、腕の円柱に現物あわせで調整してください。



ポップミサイルの銃身を、左右4個ずつ作ります。



今回は太目のドライバに巻いたらちょうどでした。



ポップミサイル4本を腕に取り付けます。



こんな感じ。根元に接着剤つけて、固まるまでテープで押さえてます。



上腕部も可動します。まず関節を貼ります。その後、上腕の筒を貼ります。



肘関節(赤矢印)は、固定です。肘をちょっと曲げて取り付けてください。
肩(黄矢印)2箇所は回ります。



腕はこんな感じ。

肘、曲がるようにしたかった。。。

動輪を作ります。
糊しろのギザギザを切るのが面倒なら、写真のように糊しろをつけず、断面内側に接着剤を塗って貼り合わせてもOKです。



動輪を台車部分に貼り付けます。



キャタピラは、裏・表を貼り合わせて、巻きつけます。
引っ張りながら内側、続いて外側を貼り付けて輪にします。



以外に緩んでしまうので、多少きつめに巻いてください。

キャタピラの柄も変えたので、写真とちょっと違います

以上で、出来上がりです。



後ろはこんな感じ。


いかがでしょうか(^^)v

 

(geocitiesより転載 2017.08)