空想科学的紙工作

自作のペーパークラフト型紙を公開しています。 This site exhibits the handmade papermodel Pattern. Sorry,Japanese only.

タックファルコンの作り方

ウルトラマンエースに登場する「タックファルコン」の組み立て説明です。


型紙(2枚)をカラー印刷します。A4横サイズに合わせて印刷してください。
写真の完成品は、「EPSON フォトマット紙」をつかっています。
接着剤は木工用ボンドを使っています。



山折り、谷折り、糊しろは、型紙では以下のように表現しています。
特に指定のない折り目は基本的に山折りです。



機体上面前方部品に、リブ部品①を取り付ける切り込みを入れます。


機体上面前方部品に、リブ部品①を取り付けます。リブ部品①は二つ折りにして貼り合わせておきます。


リブ部品①は4つ取り付けます。


裏側はこんな感じ。


機体を組み立てます。 機首部分は、丸い棒などで裏側からこすって、丸みを出しておきます。


機体胴体と上面前方部を貼り合せます。青いラインが合わさるように位置合わせをしてください。


機首部分は、糊しろとパーツ曲線を合わせて貼っていきます。


機首先端のみ、糊付けせずあけておきます。


機体後部はこんな感じ。


エンジンノズルを作ります。


ノズルは四角い箱型です。。


機体後部に貼り付けます。


先尾翼カナード)を作ります。二つ折りにして周囲の糊しろを貼り合せます。
とあるモデルを参考に青くしたのですが、設定は機体色(グレー)が正解のようで。
青の先尾翼-aかグレーの先尾翼-bか、どちらかお好きなほうを使ってください。


先端のアンテナのようなピトー管を作ります。まず二つ折りにして貼り合わせ、細く切り出してピトー管とします。


先尾翼とピトー管を、機体に取り付けます。


尾翼を作ります。


裏表を貼り合わせ、V字型にします。。


機体後部部品には、尾翼を取り付ける細穴を開けます。


尾翼の糊しろを差し込んで裏面に貼り付けます。


機体後部部品を機体の上面に貼り付けます。


コックピット後方のアンテナ(?)を取り付けます。
アンテナは二つ折りにして貼り合せ、機体上面の白線部に切り込みを入れて差し込みます。


コックピットを取り付けます。


主翼に付ける垂直尾翼を作ります。先尾翼と同じく、二つ折りにして周囲の糊しろを貼り合せます。


主翼垂直尾翼を差し込んで取り付けます。


主翼のダクト状の部分につくリブ部品②を作ります。二つ折りにして貼り合せます。


主翼ダクト部を作ります。リブ部品②をサイズに順3枚差し込んで固定します。


主翼ダクト部の裏側はこんな感じ。


主翼ダクトは左右2つ作ります。


主翼の空洞部分のふたを作ります。色付き表側が内側となります。


主翼の空洞部分のふたとダクト部を並べて主翼に取り付けます。


主翼で2つの部品をまきつけるように固定します。


ダクト部の下側と主翼とは、このように段差がつきます。


主翼の後ろ側は、こんな感じ。


主翼は左右ふたつ同じように組み立てます。


主翼は、機体胴体部の中央の四角枠に合わせて貼り付けます。


輪ゴムで固定しておくと楽です。



おまけのタックアローは、これでだいたい同じ縮尺はずなんですが。
ファルコンから射出されるシーンもありましたね。




以上で完成です。


後ろはこんな感じ。


裏側はこんな感じ。



いかがでしょうか(^^)v

 

 

(geocitiesより転載 2017.08)