空想科学的紙工作

自作のペーパークラフト型紙を公開しています。 This site exhibits the handmade papermodel Pattern.

サンダーバード1号の作り方

サンダーバード1号の組み立て説明です。

f:id:papertoybox:20180114005532j:plain

型紙(3枚)をカラー印刷します。A4横サイズに合わせて印刷してください。
写真の完成品は、「EPSON フォトマット紙」をつかっています。
接着剤は木工用ボンド【速乾】を使っています。

f:id:papertoybox:20180114005818j:plain

山折り、谷折り、糊しろは、型紙では以下のように表現しています。
特に指定のない折り目は基本的に山折りです。
f:id:papertoybox:20180114005902j:plain

 

機体先端部を作ります。
f:id:papertoybox:20180113141414j:plain

円錐形に丸めて形を作ります。丸棒でこすって丸みをつけます。f:id:papertoybox:20180113141542j:plain

機体①~③の3つの部品を組み合わせます。
f:id:papertoybox:20180113141751j:plain

3段積み上げて貼り合わせます。
f:id:papertoybox:20180113141954j:plain
貼り合わせの線が一直線になるように重ねてください。

4段目の機体④を作ります。
f:id:papertoybox:20180113142712j:plain

機体③の内側に接着剤を塗って、重ね組み立てます。
f:id:papertoybox:20180113142902j:plain

正面のロゴの「H」の文字が上下ずれないように合わせてください。
f:id:papertoybox:20180113143705j:plain

機体を支える芯棒を作ります。
f:id:papertoybox:20180113173356j:plain
斜線部分を内側に巻き込んで、四角い柱にします。
f:id:papertoybox:20180113173441j:plain

こんな感じになります。
f:id:papertoybox:20180113173517j:plain

機体中央部分を作ります。
f:id:papertoybox:20180113144007j:plain
胴体の前側(機体⑤-1)と後側(機体⑤-2)の2つのかまぼこ型を作ります。

f:id:papertoybox:20180113144357j:plain
かまぼこ型を支える補強材の機体-⑤-3,4を切り出します。
f:id:papertoybox:20180113144530j:plain

両端に付ける機体⑤-32つは、糊しろを同じ側に折ります。
真ん中に付ける斜線の機体⑤-4は、糊しろを交互に折ります。
f:id:papertoybox:20180113145005j:plain 

 機体⑤-1,2に⑤-3,4の補強材をつけてかまぼこ型にします。
f:id:papertoybox:20180113145641j:plain

かまぼこ型は、真ん中に機体芯棒が通る凹型の溝ができます。
f:id:papertoybox:20180113150241j:plain
内側の白い〇印に、主翼の芯棒をつける穴をあけます。
ガタつくので小さめの穴としてください。

主翼の稼働軸となる芯棒を作ります。
f:id:papertoybox:20180113150935j:plain

接着剤を塗って丸めて、細い棒状にしてください。
f:id:papertoybox:20180113151330j:plain

 接着剤をつけて、機体⑤-1に取り付けます。

f:id:papertoybox:20180113152347j:plain

機体⑤-1に2本とも取り付けてください。
f:id:papertoybox:20180113152847j:plain
軸がぐらつく場合は、軸の根元に接着剤をつけて固めてください。

乾いたら、いったんはめてみます。
軸を反対側の機体⑤-2の穴にはめて、円筒の機体とします。
f:id:papertoybox:20180113171311j:plain

機体芯棒が、間の凹部を通る形になります。
f:id:papertoybox:20180113150521j:plain

翼をつけるため一旦とり外します。

主翼を作ります。
f:id:papertoybox:20180113165732j:plain

点線で二つ折りにして、翼芯材を挟んで貼り合わせます。
芯材は一回り小さいので、写真のように羽根の折り目側に寄せて下さい
f:id:papertoybox:20180113165932j:plain
翼の主軸芯棒を通す穴をあけておきます。緩くならないよう小さめに穴をあけます。

主翼を取り付けます。
f:id:papertoybox:20180113172155j:plain
主翼は穴に通すだけで、接着しません。

機体⑤-1と⑤-2を合わせて円筒の機体を組み立てます。
f:id:papertoybox:20180113215031j:plain

円筒がばらけないように、上から円形の⑤-5を貼って前後をつなぎます。
f:id:papertoybox:20180113215524j:plain

同じく、底にも⑤-6を貼ります。
f:id:papertoybox:20180113215747j:plain
開いてしまわないように、前後を押さえて合わせてください。

翼カバーを切り出します。
中央部分からゆるく折り曲げます。f:id:papertoybox:20180113220004j:plain

胴体に、翼カバーを取り付けます。
糊しろに接着剤をつけ、胴体の隙間に差し込んで貼り付けます。
f:id:papertoybox:20180113220430j:plain
細い棒などを隙間につっこんで押さえます。翼に接着剤が付かないように注意してください。

このような形になります。
f:id:papertoybox:20180113221540j:plain

f:id:papertoybox:20180113221702j:plain

機体下部を作ります。機体⑥-1を円筒形に貼り合わせます。
f:id:papertoybox:20180113221914j:plain

上段とのつなぎ部分の機体⑥-2を貼り付けます。
f:id:papertoybox:20180113223423j:plain
機体⑥-1の切れ込みと、⑥-2の端を合わせて、そこから順に貼り付けていきます。

このような形になります。
f:id:papertoybox:20180113223707j:plain

内側に、補強材(隙間隠し)の⑥-5を貼り付けます。
黒い面が内側になります。
f:id:papertoybox:20180113225235j:plain

両側に貼り付けます。
f:id:papertoybox:20180113225520j:plain

上面に蓋になる⑥-4を貼り付けます。
f:id:papertoybox:20180113224719j:plain

エンジン部分を組み立てます。
エンジン部-①-1と①-2を切り出し、折り目を付けます。
部品の糊しろを差し込む切れ込み(下図の赤点線内の白い線)をつけておきます。
f:id:papertoybox:20180113230910j:plain

エンジン部-①-1と①-2をつないで貼り合わせます。
f:id:papertoybox:20180113225745j:plain

エンジン部-底を貼り付けます。

f:id:papertoybox:20180113231443j:plain

十字の尖った部分(下の写真の赤丸部分)を最初にだけ1か所貼り付け、そこから順に辺をひとつづつ固定していくときれいに形作れます。
f:id:papertoybox:20180113231936j:plain

エンジン周囲の丸く出っ張った部分(エンジン部-②)を作ります。
f:id:papertoybox:20180113232726j:plain

エンジン部①の切れ込みを入れた部分に、エンジン部-②の糊しろを差し込んでいきます。
f:id:papertoybox:20180107145120j:plain
差し込みにくいときは、切れ込み部分をカッターナイフの刃などで少し切れ込みを広げてみて下さい。
部品どうしの隙間ができてしまう場合は、裏側からピンセットなどで糊しろを引っ張るとうまく密着させられます。
f:id:papertoybox:20180113233645j:plain
裏から接着剤で固定しておきます。

エンジン部-②-2の蓋を4か所貼り付けます。

f:id:papertoybox:20180113234533j:plain

エンジン部-蓋を取り付けます。
f:id:papertoybox:20180113235313j:plain

エンジンと本体の接合部の段差の部分を作ります。
エンジン接合部の細長い部品をわっかに丸めます。
糊しろ部分に接着剤つけてガイドの大きさを参考に輪を作ります。、
f:id:papertoybox:20180113235753j:plain

f:id:papertoybox:20180114000339j:plain

作った接合部のわっかを、エンジンに貼り付けます。f:id:papertoybox:20180114000537j:plain

尾翼を4枚作ります。
f:id:papertoybox:20180114000833j:plain

青い部分は山折りにした部分が白くなってしまうので、マジックで塗っておきます。
f:id:papertoybox:20180114001354j:plain

尾翼をエンジン部に取り付けます。切れ込みに尾翼の糊しろを差し込んで固定します。
f:id:papertoybox:20180114001749j:plain

エンジン底面のノズルを作ります。
それぞれ丸めて輪にします。

f:id:papertoybox:20180114002228j:plain
大きいもの1つは中央、小さいもの8つはそれ以外の〇に貼り付けます。

f:id:papertoybox:20180114002622j:plain

全部貼るとこんな感じ。
f:id:papertoybox:20180114002714j:plain

機体全体をくみ上げます。

機体芯棒を、エンジン部に取り付けます。

f:id:papertoybox:20180114003841j:plain

機体の下部、胴体中央も、芯棒に通します。
f:id:papertoybox:20180114003104j:plain

それぞれの接合部に接着剤を塗って、くみ上げます。
f:id:papertoybox:20180114004130j:plain
各パーツが一直線になるように注意して固定してください。
f:id:papertoybox:20180114004310j:plain

先端部もくみ上げます。ロゴが一直線になるように揃えてください。

f:id:papertoybox:20180114004458j:plain

 

以上で出来上がり。

 

f:id:papertoybox:20180114010040j:plain

 

型紙ダウンロードはこちら

 

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ペーパークラフトへ
にほんブログ村

 

【作成中】サンダーバード1号(3)

サンダーバード1号、続き。前回試作の課題を修正する。

先端部の見直し。

右側が新造。絞込みの変化はつけられたけど、少しイメージと違うかな。
f:id:papertoybox:20180107140421j:plain
取りあえず、暫定でOKとする。

胴体芯棒の厚みを間違った件は、胴体にくぼみをつけて対処。
f:id:papertoybox:20180107141059j:plain
元の心棒だと胴体側の掘り込みが浅すぎて加工しにくいので、ついでに芯棒を太くした。

 

その他こまごま修正して、最終試作。
型紙は計3枚。

f:id:papertoybox:20180107141726j:plain
込み入った場所とスカスカ余白の場所があって、部品どりがあまり美しくないのは取り急ぎ妥協。

胴体上下のジョイント。
f:id:papertoybox:20180107142322j:plain
芯棒太くしたら、ちょっとキツキツ。これは後ほど微修正。

前回試作を端折ったエンジン周りも全部盛ってみる。
f:id:papertoybox:20180107141912j:plain
ノズルのわっかが小さくて地味に面倒  (- -;

エンジンと合体。
f:id:papertoybox:20180107142527j:plain

 

全体でこんな感じ。

f:id:papertoybox:20180107142732j:plain

ほぼほぼいいかな。

 

ちょいちょいとお化粧直ししたら、公開します。 

 

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ペーパークラフトへ
にほんブログ村

 

 

頓挫中のアレコレ

まだお披露目に至らないアレコレ。

・地球統合軍の人型戦車某
f:id:papertoybox:20171204235300j:plain
足~腰あたりまでで頓挫中。
細かいところにこだわりすぎで、先に進まなくなって飽きた。
全体の3面図を後回しにしてパーツから始めたのが敗因。

これは何とかしたい。

 

・某万能戦艦
f:id:papertoybox:20171205000418j:plain
艦首のあたりの曲面をどうしようかな、などど考えているうちに頓挫。
やはり3面図出来上がらないうちにパーツに入って飽きた。

まだ諦めてはいないつもり。

 

・某キャプテンの三機合体
f:id:papertoybox:20171205001202j:plain
1号のカプセル状のコックピットをどう再現しようかな、と考えているうちに、プリンタが壊れて意気消沈。完成一歩手前位まで行ってたような気がしたが、見直したら思いのほか進んでいなかった。。。

何とかしたい。

 

・乾いた大地の歩く某
f:id:papertoybox:20171205002244j:plain
これも、プリンタ壊れて意気消沈。パーツは進んでいるが胴体がない(--;
道のり遠い。

 

・二足戦闘鎧用の某トレーラー
f:id:papertoybox:20171205004949j:plain

なんか車モノを作りたくて、急に思い立って作った。
が、プリンタ無い時期で試作に至らず放置のまま。
7割くらいはできてる(と思う)。

 

 

総じて、3面図作らず何となく特徴的なパーツあたりから作り始めると、完成に至らないのがパターンだということに改めて気づく。。。

 

製作中の2作があがったら、こいつらも救ってあげましょかね。

 

 

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ペーパークラフトへ
にほんブログ村

日の目を見なかったアレコレ

これまでの没ネタ。

●潜水艦の先っぽの某機。

f:id:papertoybox:20171130225214j:plain
試作1までいったが、出来上がりを見て脱力。。。
ちょうどネットですごく出来の良いペパクラの存在を知ったこともあり、そこから先に進む気力ゼロ。そのまま冥府に旅立たれたのでした。

ジャブローの某機。
f:id:papertoybox:20171130232502j:plain
ホバー系が作りたくて、半分くらい進んだが、やはりザコメカなのでモチベーション上がらず。
まぁ、これがなければホバーパイルダーにもつながらない訳で。

 

メビウスの某機。
f:id:papertoybox:20171130233059j:plain
写真を下敷きに、サイズ感を見るパーツを置いて、う~んとうなった所で終了。
やはりテレビ見ていなくて思い入れ薄いのが致命的。

 

●Jの某戦車。

f:id:papertoybox:20171130235029j:plain
ガンタンクからキャタピラをコピってきた位でとん挫。
一応まだあきらめたくはない感じではある、かな。

 

●4号な某。

f:id:papertoybox:20171130234322j:plain
3面図おこしの2面で挫折。。。。

 

●コウモリさんの某車。
f:id:papertoybox:20171130234542j:plain
おなじく、3面図おこしの1面もできてない。
これで某車だと言い張る。子供のお絵かきよりひどい(--;

 

陸自レイバーの某機。

f:id:papertoybox:20171130233804j:plain
99式はさすがに難しそうだけど、こっちは意外と箱組でなんとかなりそうかなぁ、とパワポに写真貼って準備したところで終わり。
3面図おこしすら至らず。。。。「13.55」ってなんだっけ?

 

屍累々。

 

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ペーパークラフトへ
にほんブログ村

【作成中】サンダーバード1号(2)

 サンダーバード1号の続き。

試作型紙で、全体の整合性を見ていきます。
試作はいつも普通紙で。今回もちょい厚め0.12mmの両面厚口用紙 Canon SW-201。

f:id:papertoybox:20171127231036j:plain

羽根を挟む胴体は、かまぼこ型を前後組み合わせとする。
f:id:papertoybox:20171127231137j:plain

羽根は、軸を作って可動にする。
f:id:papertoybox:20171127231456j:plain

f:id:papertoybox:20171127231533j:plain

先端のとんがり部分は4段重ね。
f:id:papertoybox:20171127231842j:plain

先端の赤い部分。
f:id:papertoybox:20171127232250j:plain
こんなイメージで絞込みの予定だったのですが。

f:id:papertoybox:20171127232454j:plain
全然絞り込まれていない。赤い部分2つに分けた意味なし。設計修正です、はい。

胴体下半分は、まぁまぁいい感じ。f:id:papertoybox:20171127233009j:plain
でもほんとは、底の糊しろを設計し忘れるミス。
f:id:papertoybox:20171127233131j:plain
試作なので、切れっ端でつぎあてしてごまかす。

エンジン部分の箱組み。
f:id:papertoybox:20171127233506j:plain

胴体には、四角柱の心棒を通して支える。
f:id:papertoybox:20171127233658j:plain
心棒の太さと、胴体のすき間のサイズが見当違い。なんで間違ったんだろ(x_x)
これ以上細くすると心棒の役割を果たさなくなるので、胴体側を削って何とかする予定。

取りあえず、無理やり積み上げてみる。
f:id:papertoybox:20171127234242j:plain
う~ん、なんかバランス良くないなぁ。

f:id:papertoybox:20171127234544j:plain
羽根、小っちゃい?

 

別途、各部のサイズ等、見直しします。。。。。

 

もう少し続く

 

 

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ペーパークラフトへ
にほんブログ村

 

 

 

【作成中】サンダーバード1号(1)

ホバーパイルダーがなかなか進まないので、ちょっと脇道。

お題はこれ。サンダーバード1号。

f:id:papertoybox:20171105113605j:plain
まぁずっと前から候補ではあったのだけれど。
ホーク2号と同じようにチャチャっと出来上がるような気がして、着手。
f:id:papertoybox:20171105114059j:plain
#この時はサクッと作ってパイルダー公開までの繋ぎ、位に思った訳だが、そんな簡単には進まないのだった。


また例によって、三面図探し。
検索するとディアゴのホビコムムックアオシマのプラモなんかが引っかかります。

f:id:papertoybox:20171105115405p:plain

三面図っぽいものを下書きに、絵をかきます。

f:id:papertoybox:20171105122755p:plain

ここまでスルスルと行くと、出来たような気になってしまうのですが、実はこの先に難題が。

 羽根は折り畳みでしょ、ということで重ねてみると、、、
f:id:papertoybox:20171105124209p:plain
胴体内ほぼいっぱいに羽根が入り込む。
トムキャットの羽根のように、ギザギザ作って左右リンクするなんていうのには都合は良いのかも知れないけど。
f:id:papertoybox:20171105125521p:plainこれはVF-1Jね。
実際アオシマサンダーバード1号はこんな感じで羽根リンクしているらしい。

胴体上下に隙間ができるのだ。丸筒つくって積み上げれば出来上がりのホーク2号のようにはいかない。
f:id:papertoybox:20171105124125p:plain
半円かまぼこ型の胴体を上下で合わせる感じだな。でも内部の羽根が邪魔で、支柱をたてられないな。なんか策を考える。

羽根の稼働軸の場所検討。
f:id:papertoybox:20171105133018p:plain
肩口のカバーにぶつからないように軸の場所を考えると、意外と胴体外側ギリギリの場所になる様子。

f:id:papertoybox:20171105132725p:plain
青い点辺りが軸位置なので、ちょっとズラす策を考える。

エンジン回り。

f:id:papertoybox:20171105131222p:plain
こいつはどう作ろうか。

四角と円柱の組み合わせなのだけれど

f:id:papertoybox:20171105131530p:plain
十字パーツ作って、周りに四半円のパーツをつけるか、円柱の周りに角柱を足していくか。
上面(「TB」の上の青ラインのあたり)にも、下側にも、段差があるので、それを再現するなら②は大変だ。
ということで、①で行きます。

 

 こんな感じで、順次パーツ化。
f:id:papertoybox:20171105134109p:plain

さて、こっちとパイルダー、どっちが先に出来上がるかな。

 

 

その2へ続く。

 

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ペーパークラフトへ
にほんブログ村

 

 

 

【作成中】ホバーパイルダー(5)

パイルダー製作、続き。。。。

前回仮組した結果があまりにも酷くて、数日放置.。


気を取り直して、ダメポイントの洗い出し。

コックピット風防部分は、すべて作り直しとすることにして、別途再設計。

f:id:papertoybox:20171001023418p:plain


ボディサイドがグデグデなのを何とかする。

f:id:papertoybox:20171001014834p:plain
一周つながらないのは、黄色矢印の先端部が直立過ぎるのと、緑矢印の継ぎ目を絞りすぎた様子。
先端部分は、もっと曲線をきつくして、もう少し曲げる。

緑矢印の継ぎ目部分。
f:id:papertoybox:20171001015427p:plain
緑で示した()部分をもう少し狭くすればこんなに内側にグニっとはならないはず。

試作の継ぎ目を一旦切り離して、具合を見る。
f:id:papertoybox:20171001020100p:plain

f:id:papertoybox:20171001020313p:plain
かろうじて底面にくっつくようになった。このすきまを埋めるように、型紙修正。
先端部も同じように、一旦切り開いて、修正量を探る。

底面の縁も、ちょっと寝せすぎた。切り込みいれて立たせる量を調整。

f:id:papertoybox:20171001020620p:plain
ジェットエンジンを仮止めして、サイドの丸め具合をみる。

f:id:papertoybox:20171001020840p:plain
やっぱ先端部は全然形が合わない。こっちはもう2、3回は試行錯誤必要そう。

後ろ側は、試作型紙もはしょったので、形をどうしようかなぁ、から試行錯誤。
ダミーパーツをとりあえず準備。

f:id:papertoybox:20171001021410p:plain

後部にあてて見る。
f:id:papertoybox:20171001021639p:plain
ラジエター風の縞々、横じゃなく縦だった。既にぐでぐで。

この状態から、何をどうしろというのだ。。。。


とりあえずボディ後部の円天井をのせてみる。

f:id:papertoybox:20171001022423p:plain
んん、なんか雰囲気出てきた?


黄色いラジエター風の部分をもう少し前方にするように長さ調整すれば、収まるかも。


調子に乗って、もう一回全部乗っけてみる。

f:id:papertoybox:20171001022815p:plain
あれっ、ほんの少し明かりが見えてきたような。


引き続き、がんばりましょ
(続く。。。)

 

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ペーパークラフトへ
にほんブログ村